前回のWi-Fiの記事の中でも接触したが、近年、無線LANに繋げるものと云うのが、パソコンだけとは限らなくなってきた。
ひと昔前までだったら、無線LANと云うと明白にパソコン用語だったし、無線LANと聴くとすぐにパソコンと結び付けるのが普通であったとおもう。
公衆無線LANが設備されてきた近頃になって、やっと無線LANはパソコンだけのものじゃないと云う認識が広まりつつ有る。

近頃、よく耳にいたする「Wi-Fi(ワイファイ)」と呼称されるものが有るが、このWi-Fiと云うのはIEEE 802.11機器にかんする業界団体の「Wi-Fi Alliance(ワイファイアライアンス)」に拠って、無線LAN機器間における相互接続性を認証された事を示す名称、もしくはブランド名の事であるためである。
これは、また機会を設けて別にご解説する事にいたしよう。
話をもとにもどして、無線LANの機器の中では、IEEE 802.11と云うシリーズが最も普及しているのであるが、絶対にこれでなくては駄目と云う事じゃないのだ。
機器を選定する時にポイントとなるところが、何種類かあるとおもう。

このケースの場合には、日本国内での契約が必要であるが、日本語であるから、多少面倒なだけで契約は誰であっても出きるだろう。
もしも、旅行先が一カ所の国に限定されているのだったら、滞在する国のプロバイダと直接契約すると云う方法も有る。
旅行期間だけであるから、料金も安くすむだろう。

スムーズに通信出きるものの、やっぱり有線に比較すれば、通信速度が遅いものであるから、大ファイル等のやり取りには時間がかかると云う短所も有る。
また、初心者のかたは、設定をしないといけないと云う事で、手間がかかり敷居が高く実感する事もあるだろう。
しかしながら、それもだんだん簡単になってきている為、それほどの懸念はいらない。



[PR]
  • バッグ メンズ 人気
  • スニーカー レディース 人気
  • マスク 50枚
  • 父の日 ギフト
  • リュック レディース ビジネス

  • カテゴリ
    タグ